健全な企業市民を目指して


弊社が属する建設業界におきましては、防災・減災に対する強靭な国土建設の推進、 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催の為のインフラ整備工事が、本格化されております。 こういった点においては当該業界には追い風になりますが、一方では建設就労者の高齢化、 若年労働者の入職の減少など、人材の確保がさらに難しくなることが予想されます。 更に、「労働改革」という言葉に付随して「同一労働同一賃金」、「残業時間の短縮」、 「プレミアムフライデー」、「社会保険等未加入者への就労制限」等、昨今よく耳にする事と思います。

 これらの事象を踏まえ、「弊社における労働改革」を推進するために、 弊社従業員と取引先協力業者の皆様と一丸となって、より一層の生産効率の向上を目指し、 取引先様への経済効果を招き、また、社員へは給与や福利厚生に反映できるよう、 努力していく所存です。 改革は、いつの時代も相当のパワーを必要としますが、 成し遂げれば達成感と充実感を感じることができるでしょう。


皆様が人生で価値のあるものを手に入れる時は、今までに比べ少しだけ勉強し、 少しだけ多く感謝し、また未来にも投資をして下さい。
実行出来れば、価値のある生き方ができると思います。
 弊社も高い技術・品質・社会性を有することで環境の変化に柔軟に対応できる組織になり、 一人一人が成長してこそ誇れる成長が成しえると信じています。
 

  • 財務内容が良い企業
  • コンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)を遵守できる企業。
  • 起動力・技術力がある企業
  • 社員・職人の仕事に対する姿勢が前向きである企業。
  • 安全教育・安全対策・安全管理が行き届いている企業


この5項目を兼ね備えた企業に成長するべく、弊社は、「人間尊重」の基本理念の基、 社員・従業員のスキルアップを奨励し、組織、如いては企業全体のレベルアップを目指し、 日々進歩と建社の精神を忘れずに邁進して行きたいと思います。

平成29年5月
代表取締役 今 西 勝