HOUKOKUSPIRIT

ホーム > 会社情報 > HOUKOKUSPIRIT

ここから本文です。

HOUKOKUSPIRIT

我々が真に人格的に結合し、和衷協同の精神をもって、思う存分にその技術能力を

発揮できる状態に置くことができたなら、その運営はいかに喜びに満ちたことであり、

その成果はいかに大きいか。

 

ここに我々の精神を揚げ、力の及ぶ限り、これらの責務を果たすことを誓う。

 

和衷協同(わちゅうきょうどう)

心を同じくして共に力を合わせ、仕事や作業に当たること。

 

第一章 社会に対して責任を負う

 

良き企業市民でなければならない

 

法律を遵守しなければならない

 

道徳を重んじなければならない

 

国家と地域に適切な税を納め、社会に寄与しなければならない

 

我々の運営は地域社会に求められたものでなければならない

 

我々は社会に生かされていることを

知らなければならない

また、忘れてはならない

 

第二章 業界に対して責任を負う

 

業界の発展に貢献しなければならない

 

技術の進歩に貢献しなければならない

 

お客様が困っていることを解決するために

全力を尽くさなくてはならない

 

お客様が求めている以上の価値を提供するために

全力を注がなくてはならない

 

第三章 チームに対して責任を負う

 

礼節をもってチームメイトに接しなければならない

 

チームの和を大切にしなければならない

 

我々の営みは団体競技であるという事を忘れてはならない

 

チームで成果を上げるための方法を日々模索し続けなければならない

 

一切の秩序を実力本位、人格主義の上に置かなければならない

 

能力と成果が公正に評価されなければならない

 

熱意を評価しなければならない

 

実行を評価しなければならない

 

プロセスを評価しなければならない

 

数字に表れない部分を評価しなければならない

 

地味な仕事を評価しなければならない

 

積極的な失敗を過分に責め立ててはならない

また、無難に見える消極的な行為を

見過ごしてはならない

 

ある分野で劣っているものを切り捨ててはならない

その者がその分野で取り戻すための、

あらゆる努力を惜しんではならない

 

チームメイトの苦悩を無視してはならない

 

第四章 自らに対して責任を負う

 

各々プロフェッショナルを自覚しなければならない

 

技術的な困難はむしろこれを歓迎し、挑戦しなければならない

 

今日の出来不出来は厳しく問わない

しかし、各々昨日の自分より前進しなければならない

 

日々、創意工夫を追及し続けなければならない

 

日々、技術的、能力的、人格的な形成、向上を怠ってはならない

 

日々、自身の心と向き合い、自分の思いに

反していないかを問わなければならない

 

楽を求めるのではなく

楽しく、そして明るく進めていけるよう

努めなければならない

 

与えられた以上に返すよう努めなければならない

 

健康に留意しなければならない

それが仕事の土台になるということを

知らなければならない

 

家族を大切にしなければならない

それが仕事に繋がっているということを

理解しなければならない

 

不可能なことなどなにもないということを

知らなければならない

可能な扉を自ら閉ざしてはならない

 

一人ひとりが喜びを持って仕事をしよう!

チームメイトで喜び合える仕事をしよう!

業界やお客様に喜んでもらえる仕事をしよう!

社会に必要とされる仕事をしよう!

Copyright©HOUKOKU CO.,LTD. All Rights Reserved.

このページの先頭へ